名前鬼門と複合殺

「桜宮史誠」は、この重要項目を味方に付けて、『子供の名付け・姓名判断部門』で、
Yahoo 占い『日本の三大占い師』に登り詰めました!

あなたや、あなたの大事なご子息をトップの座に引き上げるために、百万人を鑑定して突きとめた、
2つの重要条件を紹介いたします!

2つの見逃すことのできない重要条件(人の名前に潜む名前鬼門)を知る

(1)子供やあなたの名前に、『9つの名前鬼門』は、面倒事、トラブル、喪事が多発しますので避けてください。
(2)子供や、あなたの名前に、『6つの名前鬼門「複合殺」』は、「疫病神」「死に神」の巣となります。

家や土地の「鬼門」よりも、『人の名前に潜む「鬼鬼門(おにきもん)」』は、超・手ごわく大凶相のため、
自分や子供、家族の名前には絶対に避けるべきです…。

姓名判断で良い名前なのに凶運、悪い名前なのに大成功

姓名判断では良くない名前なのに大活躍しているスポーツ選手、芸能人、著名人と、その反対に姓名判断では良い名前なのに凶運に見舞われた方々を、その実例とともに詳しくご紹介します。
内容には事件・事故などのショッキングな内容も含まれています。閲覧にはくれぐれもご注意ください。

text_.01

フリガナ無しで読めない名前は、悪霊や、死に神が取り憑きやすく、事故や災難、水難事故などに導き込まれ、運勢運命が突然ガタガタになってしまいますので、避けましょう。
子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

フリガナをふらないと読めない名前は、言霊の「鬼鬼門(おにきもん)」であるため、知らず知らずのうちに、「怨霊、死霊、生霊…」などの「死に神」が取り憑き、事故や災難、水難事故、転落事故、自殺…などの凶運に導き込まれていくので、我が子に絶対に名付けてはいけません…。

「名前ぐらいで、そんなことがあってたまるものですか…」「世間には、同じような名前の子供たちはいっぱい居ますわ…」「そのときは、そのときですわ…、ワッハハハー…」などと、タカをくくって居た親子に、 魔の「死に神」が、陰(かげ)から見ていたかのようにして、襲いかかっています。

下記のお子さん方は、「交通事故、転落事故、水難事故…」などで、全国ニュースで幾度も報じられた方々の実際名です。関係筋の方々からのご指導で、掲載者の方々のプライバシー保護のため、その地域名、期日、詳細などは、本人さまを特定される恐れがあるため、内容の一部を差し替えるなどして掲載しています。

掲載されている名前は全て報道通りの実際名です。

聖(ひとし)・・・障がい者施設で19人を殺傷したとして逮捕と報じられていました。
叶多(かなた)・・・軽自動車が電柱に衝突して乗っていた1歳の男の子が死亡と報じられていました。
悪魔(あくま)・・・役所で受理されず、父親は覚せい剤で後日逮捕されたと報じられていました。
海月彰(かるあ)、海聖亮(かしす)・・・火事で焼死と報じられていました。
稀夕(きせき)・・・祖母に殺害されると報じられていました。
柊羽(しゅう)・・・病院から誘拐されたと報じられていました。
聖那(せな)・・・父親の車に轢かれ死亡(セナの死亡事故後に命名) と報じられていました。
斗夢(とむ)・・・脱輪したトラックのタイヤに轢かれて亡くなったと報じられていました。
騎士(ないと)・・・父親の知人に誘拐されたと報じられていました。
楽(のの)、原始(げんし)・・・母子家庭半焼で焼死と報じられていました。
日々太(びいた)、智足(ちたる)・・・温泉地の毒ガスで一家全滅と報じられていました。
愛彩(まなせ)・・・母親ともども、車ごと池に転落、死亡と報じられていました。
黛華(まやか)・・・ベランダに置かれたポリバケツに乗り、4階から転落死と報じられていました。
真琳(まりん)・・・母親の元カレに刺され死亡と報じられていました。
真鈴(まりん)・・・両親がパチンコ中に自宅が火災になり焼死 と報じられていました。
悠海(ゆうあ)・・・防波堤から海に転落し、水死と報じられていました。
優亜(ゆうあ)・・・同級生に殺されると報じられていました。
優民(ゆうみん)・・・火事で母と兄とともに焼死(母の名前は民香)と報じられていました。
俐緒(りお)・・・両親パチンコ中、駐車場で5時間車内放置され熱射病死と報じられていました。
龍櫻(りゅうおう)・・・犬触れなくて家出し、湖で水死と報じられていました。
龍翔(りゅうしょう)・・・母親に埋められると報じられていました。
璃音(りおん)・・・歩道橋から投げ落とされ重症と報じられていました。
怜夢(れん)・・・川沿いのキャンプ場で水死と報じられていました。
凱鳳(がお)・・・川で水死と報じられていました。
夢路(めろ)・・・災難に遭う...と報じられていました。
那世瑠(なせる)・・・川で水死と報じられていました。
優空(ゆうた)・・・母親に窒息死させられる...と報じられていました。
翔樹(らいう)、翼響(れおん)・・・自動車内で変死(無理心中)と報じられていました。
畝利亜(せりあ)・・・トラックにはねられ死亡と報じられていました。
真姫(まなひ)、音姫(ねおん)・・・自宅が丸焼けして焼死と報じられていました。
月輝(るき)・・・自動車事故で死亡 ※弟の名前は登生(とうい)と報じられていました。
天晴(てんせい)・・・心臓病で移植手術以外に助かる道がないと報じられていました。
幸満(ゆきまろ)・・・5歳。変死と報じられていました。
礼夢(らいむ)・・・ 事故に遭遇と報じられていました。
花音(かのん)・・・1 才 6 ヶ月。母親に虐待され重傷と報じられていました。
海地(かいち)・・・4歳。犬に噛まれて死亡と報じられていました。
海渡(かいと)・・・7歳。両親から虐待されて死亡と報じられていました。
光中翔(かける)・・・当時4歳。母親に七味唐辛子を飲まされて死亡と報じられていました。
愛音(あいね)・・・3歳。義父に虐待死と報じられていました。
菜沙(なずな)・・・7歳。心臓病で死にそうだ...と報じられていました。
萌音(もね)・・・5歳。母親に虐待死と報じられていました。
竜我(りゅーが)・・・7歳。岩の下敷きになって死亡と報じられていました。
姫那(きな)・・・1歳。心臓病で死亡と報じられていました。
麗(うるは)・・・4歳。電車にはねられ死亡と報じられていました。
流絃(るいと)・・・2歳。鬼母にパンを喉に詰められると報じられていました。
心音(しおん)・・・8歳。車外に投げ出され、死亡と報じられていました。
石田男也(おとや)・・・27歳。68 才の父親にひき殺されかけると報じられていました。
更砂(さらさ)・・・1歳。助手席から転落死と報じられていました。
にじ郎・・・2歳。車にひかれ死亡と報じられていました。
碧授(みう)、彩風(はるか)・・・それぞれ9歳、9カ月。統合失調症の母に殺されると報じられてい ました。
紫苑(しおん)・・・8歳。飲酒の軽トラにはねられ死亡と報じられていました。
龍琥(りく)・・・2歳。ベビーシッターに遺棄されると報じられていました。
紅羽(くれは)・・・6歳。海岸で波にさらわれると報じられていました。
凱風(がいふう)・・・6歳。川に流されて死ぬと報じられていました。
遥大(はると)、都翔(とわ)・・・それぞれ11歳、2歳。土砂崩れで死ぬと報じられていました。
良生(らい)・・・12歳。難病で渡米と報じられていました。
由衣翔(ゆいと)・・・中2。継父に虐待され自殺と報じられていました。
一(いち)・・・3歳。キャンピングカーで焼死と報じられていました。

何故、こういう、痛ましい事件事故に襲われるのかは、「名付けられた名前の文字」と、「呼び名の発音の違い」によって発する「言霊の霊波」の暗躍です。 名前の「鬼鬼門(おにきもん)」です。

「名前を呼ばれるたびに」、「本人が自分自身の名前を発するたびに」、言霊の狂いによる「魔の霊波」が、更に、強大になって行くのです。

言霊の狂いは、「魔の霊波」が強大になっていくに従って、その人の人生は狂い、狂わされてしまいます。犠牲となられた方々の犠牲を悼むと共に、決してこのことを無駄にしてはなりません。

以降に掲載した犠牲者の方々の呼び名は、あえて、フリガナを振っていません。「いったい何と読むのか...」、「どのように読めばいいのか...」などなどと一苦労なさる筈です。
『世間一般の常識的な呼び名ではない』ことを頭において、読んでみて下さい。

◎遥大、都翔 土石流の犠牲となると報じられていました。
◎希杷 マンションの8階から転落と報じられていました。
◎琴音 両足不自由。スーパー駐車場で行方不明。母に殺害されると報じられていました。
◎波琉人 園児の列に工事現場の足場が崩れ落ちて下敷きと報じられていました。
◎奨馬 台風の犠牲となると報じられていました。
◎麗魅香 バーベキューで着火剤飛び散り大火傷で重症と報じられていました。
◎北斗 両親と海に行っていて波にさらわれると報じられていました。
◎芽衣 両親と海に行っていて波にさらわれると報じられていました。
◎浄 川で犠牲と報じられていました。
◎竜我 大雨水害の犠牲と報じられていました。
◎静留 母親からアイロンを押し当てられて亡くなると報じられていました。
◎聖羅 川に転落した友人を助けに飛び込み心肺停止と報じられていました。
◎誉大 台風で増水した川に流されると報じられていました。
◎唯人 台風で土砂崩れで亡くなると報じられていました。
◎来夢 自宅の庭で、父親の車に引かれると報じられていました。
◎陽琉 母が目を離したスキに4階のベランダから転落と報じられていました。
◎心 3歳。スーパーのトイレで殺害され川に投げ込まれると報じられていました。
◎空 4歳。母運転の後部ドアーが突然開き落下。後続車にひかれると報じられていました。
◎紅羽 6歳。陸ちゃん9歳。漣ちゃん6歳。川に流されると報じられていました。
◎智敬 北海道、5歳。川で溺れ意識不明の重体と報じられていました。
◎絢俐 小1年。森林公園内で落下した枝が直撃。脳挫傷と報じられていました。
◎海斗 中1年。土石流に巻き込まれると報じられていました。
◎翔輝 高2年。野球部の練習試合中に落雷の直撃と報じられていました。
◎星涼 父親に殴られ死亡と報じられていました。
◎市役所職員による飲酒事故で、3児が犠牲となった。長男、紘彬ちゃん、次男の倫彬ちゃん、長女の紗彬ちゃんが、幼くして痛ましい事故の犠牲となってしまったと報じられていました。
◎大 懲役20年の実刑判決。飲酒事故。市役所職員と報じられていました。
◎胡桃 高速道路で高速バスが防音壁に激突死と報じられていました。
◎沙彩 女子高生。ストーカー殺人と報じられていました。
◎舞風 3歳女児亡。イライラしていた母親が夫の娘を投げ飛ばすと報じられていました。
◎波野 哲明 十八代目 中村 勘三郎氏の本名です。
◎大島九 坂本九さんの本名。43歳亡。高校のとき両親が離婚と報じられていました。
◎竹脇無我 40歳代で、うつ病を患う。小脳出血で67歳没。
◎新谷正法 アルジェリアの人質事件で十人死亡。プラント建設大手の最高顧問と報じられていまし た。
◎愛海・・・15歳。二階によじ登ろうとして転落死と報じられていました。

実例を見られて、おわかりのように、フリガナを振らないと読めない名前には、常に、危険とアクシ デントが、紙一重で、付きまとっているのだと思われた筈です。
言霊(ことだま)の狂いが引き起こす『魔の破壊現象』です。 けっして名前の鬼門を侵してはならないということです。

※もっと詳しく知りたい方は、 『他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」 マイナビ発行「電子書籍」をご覧 下さい。

和博、和八、一男、和枝、千鶴子、瑞子、静恵、静、シズ、瑞枝、和男、一美…などなど、「ず」「づ」の発音の名前は、他にも沢山あリますが…、「ず」「づ」の発音の名前は、脳溢血、脳梗塞、クモ膜下出血、心筋梗塞、悪性の腫瘍・リンパ腫、急性骨髄白血病、癌…などになる率が群を抜いていますので要注意です。
子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

何故こうなるか、「ヅ・ズ音」の名前を、一つ一つ声に出してみると判りますが、「ズ」の発音が強く発音され、口に「ヅ・ズ音」の“音”が、いつまでも残るのが判る筈です。これは、言霊(ことだま)の狂いが引き起こす、魔の破壊現象です。『ヅ・ズ』の発音は、「鬼鬼門(おにきもん)」で大凶であるため、人名にも、屋号や、社名や、商品名にも用いるべきではありません。
「ヅ」「ズ」の発音の名前の女性は、家庭運に恵まれず、離婚や別居、死別、晩婚になる確率が非常に高く…、男性は、仕事運、家庭運、健康運に恵まれず、晩年になるほど不幸が襲って来ています。
テレビや新聞などで報じられている事件や事故、災難、水難事故に遭遇した人たちの名前に、「ヅ・ズ」の発音者が際だって多いことに注目して戴きたい。
「名前ぐらいで、そんなことがあってたまるものか…」「世間には、同じような名前の人は掃いて捨てるほど居る…」などと、タカをくくっていた、プロ野球選手や、サッカー選手、ゴルファー、芸能人、企業家たちに、名前の鬼門の「死に神」が、次から次へと、悪運不運の限りを浴びせ付けています!

ある日を堺に、幸せが突然、消え去る“34の忌文字”が名前にある人は要注意です。
和、幸、正、由、聖、光、順、妙、勝、久、雅、恵、登、直、勇、素、麗、房、春、夏、秋、冬、雪、風、露、鉄、馬、流、竜、龍、鈴、銀、寿(壽)、聡…の文字は、一つ一つが高貴で、人の名前に用いられることを、とても嫌う文字です…。
知らず知らずのうちに、34の忌文字を名前に用いていると、その本人や家族に悪運不運のかぎりを浴びせつけ、人生をガタガタにしてしまう意味深な文字です。
一文字一文字の解説を、『他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」マイナビ発行「電子書籍」』で、ページをさいて、詳しく解説しているので、関心ある方々は、ご拝読戴きたい。
最強の運勢にするために、34の『忌文字』は、極力避けている文字です…。

父が茂雄で、子供が一茂…、祖母が美智子で、孫が智子…、母が千代で、子供が沙千子…、姉が宏恵で、妹が恵理…というような名付けのことです。
親子や兄弟姉妹、祖父母間で、名前を分け合っていると、お互いに、命や、運命の奪い合いをするため、運気のムラや浮き沈みが激しいので、子供の名前に絶対に名付けてはいけません。
子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

名前を分け合っている人同士の、どちらかが既に亡くなっていると、既に亡くなっている方が、あの世から手繰り寄せるので、とても尋常ではありません。

数々の実例…

◯中村美香さんと、中村亜美さんが、中国自動車道で、軽乗用車を運転中、路上に落ちていたタイヤ に乗り上げて動けなくなり、路肩に避難したところに、更にタイヤに接触し、大型トレーラーが横転し、2人を轢いてしまいました。親子の名前分けです。
◯安岡力也(癌死)さんと、子息の力斗(父に肝臓の臓器6割を提供)さんも名前分けです。
◯国会議員の中川一郎(父・自殺)さんと、中川昭一(息子・病死)さんも名前分けです。
◯巨人軍の長嶋茂雄、名誉監督(奥さまは人工透析の甲斐もなく他界)さんと、子息の長嶋一茂 さんも名前分けになっています。
◯石原裕次郎(52歳で病死・子宝なし)さんと、兄の石原慎太郎さんも、名前分けです。
◯松山英太郎(俳優。48歳、食道癌で没)さんと、祖母の英子さんが、名前分けです。
◯加藤和枝(美空ひばり、52歳没)さんと、子息の加藤和也さん、母の喜美枝さんと、名前分けに なっています。
◯松尾和子(階段から転落死57歳)さんと、ご子息の松尾政和さんも、名前分けです。
※松尾和子さんは、安倍晋太郎さんに、住居を転売した後、新居の2階から転落死していらっしゃいます。 また、安倍晋太郎さん(現総理の安倍晋三さんと名前分け)も、松尾和子さんの家に、 転居後、62歳の若さで、心不全で他界となっていらっしゃいます。
※ご夫婦のお名前の頭文字が、同一の場合、お互いの運気が、同一エネルギーで、共に押し合うために、双方が疲れ果て、共倒れする恐れがあります。名前の“鬼門”です。

病院の定期検査で、何の異常もなしと言われておきながら、突然、脳溢血、脳梗塞、クモ膜下出血、心筋梗塞、心臓麻痺、急性白血病、癌…などで、アッと言う間に、この世を去ってしまう人が多いため、名前分けは注意が必要です。

名前を分け合っている人同士は、常に、二人三脚の状態で世の中を渡っていくため、一方の力が強過ぎれば、片方が潰れ…、片方が潰れれば、両方とも共倒れ…という綱渡りの人生となります。
最悪な場合、双方が申し合せたように、急性の病気や、不慮の災難などで、一気にこの世を去ってしまうなど、とても始末が悪いため、子供の名前に絶対に名付けてはいけません。
「私たちに限って、そんなことはない…」などと強がりを云っていた、プロ野球選手、サッカー選手、ゴルファー、芸能界、企業家たちに、陰から、魔の「死に神」が見ていたかのようにして、突然、襲いかかり、幸せを瞬時にして奪い取られた実例が掃いて捨てるほどあります。
家族が該当している場合、気付いた時点で、すぐにでも改名して、この“鬼門”から逃れるべきです。

親子や兄弟姉妹、祖父母たちと、名前に同じ文字や漢字を使うと、お互いの命や運命を引き合い、最悪、どちらかが若死にしてしまう恐れがあるので、名付けには絶対に裂けるべきです。

「親子や兄弟、祖父母たちとの名前分け」の恐怖は、どこからともなく、こっそり忍び寄って来た魔 が、どちらかの運勢運命を、突然、へし折り、副交感神経や自律神経系などに麻痺や障害を引き起こさせ、「クモ膜下出血、脳溢血、脳卒中、心筋梗塞、急性骨髄性白血病、癌、 (そう)ウツ病...」や、「事件・事故・災難・自殺・破産・金銭苦...」などに襲われ、廃人同様にされてしまう恐れがあります。
プロ野球選手、サッカー選手、ゴルファー、芸能界、企業家たちに、悲劇悲報が、年から年中、相次いでいます。
親子や兄弟姉妹、祖父母間の名前を『親族殺』と読んでいます。
子供の名付けには危険なので絶対に『親族殺』を名付けてはなりません。

現在が如何に順風満帆であっても、いずれなんらかの厳しい洗礼が待っています。 名前分けには、家族崩壊の危険が潜んでいるため、家族に該当者がいることに気づいた時点で、双方 とも、改名し、名前の『鬼門』から逃れておくべきです。

屋号や、商号・会社名・商品名においても、自分や、自分の家族の名前を一字でも使っていると、「疫病神」「死に神」に取り憑かれてしまいます。

節子、光子、克子、勝子、勝夫、光弘、達雄、辰夫、初夫、夏子、厚子、克己、鉄子、正勝、利勝、政光、光弘、剛、司、次男、辰子、ナツ子、ミツ子、たつ子…など『ツ音』の名前は、他にも沢山あります。
「ツ音」の名前は、一つ一つ発音してみてわかるように、「ツ」の音が強く発音されます。
強い発音は、“言霊”の『霊波』が強硬になります…。
強硬になった言霊の霊波は、弱い部分を追い詰め、強い部分は更に強硬になっていきます。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

『ツ音』の付く人の大方は、口調に角が立ち、性格的にも、人間的にも、負けず意識が強く働くため、周囲との摩擦や、いざこざが、常に絶えず、次第に孤立していきます。
幸せそうで居て、本人や、お家事情はかなり不安定で、常に何かかがギクシャクしています。
離婚や別居、死別、晩婚、または、一生を独身で過ごす人もいます。
運命の浮き沈みが激しいため、子供の名前に付けてはいけません。

忠雄、貞利、信夫、定子、信子、重定、重子、憲二、祐二、次男、俊次、忠男、サダ子、円、貞男、貞俊、秀和、秀子、英代、タダ子、サダエ、…など、濁音の名前は他にも沢山ありますが、ダク音は人生にムラと凹凸が多く、運の変化が激しいのが特徴です。
仕事や事業の失敗、家族や子供の苦労、不治の病、離婚・別居などに追い込まれている人が多く見られます。
「ダク音」は、一時期は、他人が、羨むほどの発展を遂げますが、しかし、ある日を堺に一転して奈落のどん底に吸い込まれてしまいます…。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

日々の、凶悪事件や、事故、災難を引き起こした人、その被害に遭った人などに、『ダク音』の名前が圧倒的に多いことにも注目して戴きたい。
仕事運、金運、家庭運が悪いことではダントツです。
若き頃、順調に進んで来た人ほど、後半になって悲惨となっています。
ダク音は、事の流れがスムーズではなく、停滞するため、子供の名付けには避けるべきです。

春男、秋夫、冬子、夏子、鉱一、鉄男、鉄子、銀一、早馬、虎夫、辰馬…などなど、まだ他にも沢山あります。
季節文字や、鉱石、動物文字…は、お金の苦労、子供の心配、仕事の悩み、夫婦間の不和…など悩みが絶えない名前鬼門です。
子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険ですので、この項目には、特に注意して戴きたい。
良いときと、悪いときの差が激しく、気の休まる間がありません。
姓名判断で、良い名前を付けてあるから心配は要らない…など、何の役にも立ちませんし、何の突っ張りにもなりません。

猛、剛、智、円、薫、実、博、茂、正、進、恵、武、望、直、登、昇、徹、巧、健、卓、昂、歩、朗、洋、浩、栄、穰、博、裕、孝、司、学、定、停、敏、貞、久…など、一文字の名前は他にも沢山あります。
一文字名は、活動的で、負けず嫌い意識が強く、一時期は成功しますが、背伸びをし過ぎて、大半が人生後半で挫折してしまう運命を背負っています。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

姓(みょうじ)は屋根(ご先祖代々から受け継がれたもの)で、名前は、土台と柱です。
名前が一文字で、姓(みょうじ)が、二文字、三文字の場合は、ご先祖の重みが重すぎて、その重圧に耐えきれず、年齢と共に押し潰されてしまいます。
折角、積み上げてきたものも、晩年に向かうほど崩壊し、潰れ去ってしまう人が多く見られます。
家族の心配事などの連続で気の休まる暇がありません。
子供の名付けに用いることはタブーです。
住居の新築、改築、増築の後に予期せぬ大事態が発生する事があるので、要注意です。

姓名判断の画数を、親子や兄弟姉妹、祖父母たちと、同じ画数にすると、親族殺の 「鬼鬼門」と同じく、名前の最大鬼門で、お互いが引き合い、共に、伸び悩み、どちらかが、 躓くと、次から次へと、躓(つまず)き、最悪、力が弱い方が早死にしてしまう恐れがあります。 我が子に同じ画数の名付けは、「鬼鬼門」でタブーであり、絶対に名付けてはいけません。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

6つの名前鬼門『複合殺』は、百万人を鑑定していく中で、特に目立った厄難災難の名前鬼門です。
6つの名前鬼門『複合殺』を無視して、名付けや改名をすると、光り輝く王道の世界には辿り着けませんし、たとえ辿り着いたとしても、名前鬼門の制裁を受けて、後々の結果が、最悪となって現れてきます。
絶対に、軽く見ないで戴きたい。

下記の実例のように、姓(みょうじ)の頭文字と、名前の一番下の文字が、同じ同数になっていることを、「複合殺」の「圧死殺」と呼んでいます。名前の『鬼門』の代表格です。
仕事や、金銭の悩み、家庭の不和、病気や、体調不調など、あらゆる災難厄難を、一人占めにしてしまう魔物です。

名前の“大鬼門”であるため、子供の名付けに用いることはタブーであり、絶対に付けてはいけません。
一度何かで躓くと、次から次へと躓き、後戻りがきかなくなります。

歌手・タレント。
悪性の脳腫瘍摘出手術を7 回も受けましたが、21歳の若さで力尽きてしまいました…。
「圧迫殺」の名前は、6つの名前鬼門『複合殺』の中でも、タチが悪いため、子供に絶対に名付けてはいけません。

丸山夏鈴という名前は、姓名判断で最高な名前であることから、産まれたとき、姓名判断で、名前を付けられたことが、一目でわかります。“姓名判断の画数は最高”で、“運勢は最悪”では、本人も、両親も、たまったものではありません。

【解説】丸は3画で、鈴は13画で、姓(みょうじ)の頭文字と、名前の一番下の文字が、お互いに、3の同数字となって、「圧迫殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっている。

 

殺人罪で15年間の逃亡…。時効寸前で逮捕され、獄中で、クモ膜下出血死しています。
幼い頃、両親は離婚しています。
姓名判断の先生方がお付けになられた名前ではないかと言えるほど良い名前です…が、気の毒に、なんの効果も、なんの効能もありませんでした。
姓名判断で良い名前を付けなければ、子供が将来、幸せになれないという、決まり文句は、どこに行ってしまったのでしょうか。

【解説】福は13画で、子は3画で、姓(みょうじ)の頭文字と、名前の一番下の文字が、お互いに、3の同数字となって、「圧迫殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっている。

 

オリックス球団。沖縄県宮古島市のホテルで自殺。
24歳。大学一年のとき、母を亡くして居るため、それを悲観していたと言われています。
妻の由紀子氏も、浩之氏と同じく、姓(みょうじ)の頭文字と、名前の一番下の文字が、お互いに3の同数字で、「圧迫殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっています。
また、姓が22画(2+2=4)、名前が13画(1+3=4)で、お互いに、4になって、後から紹介する4のコーナーの「天地殺」の鬼鬼門(おにきもん)にもなっています。
妻の由紀子氏の名前も参考的に掲げてみました。

姓名判断の手本となるほどの最高な名前です。
生まれたとき、姓名判断で名前を付けられたであろうことがひと目でわかります…。
姓名判断や、名付けの先生方が、名付けられた名前では無いことを祈りたい。

【解説】小は3画で、之は3画で、姓(みょうじ)の頭文字と、名前の一番下の文字が、お互いに、3の同数字となって、「圧迫殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっている。

 

夫が、この『圧死殺』の名前になっていると…

・妻は、病弱であるか、痩せている人が多い。逆に、太っている人が多い。
・妻は、あれやこれやと理屈っぽくて、疑いやすく怒りっぽい性格となってしまいます。

逆に、妻が、この『圧死殺』の名前になっていると…

・夫は、気が優しく、居るか居ないか、判らないような性格の人が多い。
・大概の夫は、中年以降、寝たきりになるか、体が動けなくなってしまう人が多い。

「横死殺」とは…
下記の実例のように、姓名判断の「人格」と「外格」が、同じ画数か、同系数になっている名前のことです。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

圭子氏の本名(62歳)。歌手。宇多田ヒカル氏の母親でもあります。自宅マンションより飛び降り自殺と報じられました。

「横死殺」は鬼鬼門(おにきもん)です。
「横死殺」の「死に神」は、その人の人格部に入り込み、その人を自由に操るので、始末が悪い。
子供の名付けに用いることは絶対に厳禁でタブーです。

【解説】姓名判断の「人格」が21画、「外格」が11画で、1の「同系数」が真横に並んで「横死殺の鬼門」になっている。
「横死殺」は「鬼鬼門(おにきもん)」である。

姓名判断で手本となるほど、最高な名前ですが、姓名判断の画数が良いなどは、何の役にも立たないことを証明しているようでなりません。

 

今井 雅之氏、俳優。大腸ガンのため、54歳 逝く。

【解説】姓名判断の「人格」が17画、「外格」が7画で、7の数字が、真横に並んで、「横死殺」の鬼鬼門(おにきもん)である。
「横死殺」は、その人を真横から串刺しにしている激しい名前の「鬼門」である。
希望・お金・健康・命を、予告なく挟みきってしまうので「横死殺」は恐怖である…。

姓名判断で最高な名前であることから、産まれたとき、姓名判断で名前を付けられたことが一目でわかります。名前が最高なのに、何故、こうなってしまったのでしょうか?
姓名判断の先生方の見解を聞いてみたくなる筈です。姓名判断で良い名前などは、何の役にも、足しにもならないことを証明しているようなものです。
『雅』の文字は忌文字です。
姓名判断や名付けの先生方が、絶対に目にしたくない事例です…。

 

諏訪美緒。モデル。クモ膜下出血。23 歳逝く。

前例の今井氏のように、同じ数字が表に見えていると発見できますが、美緒氏のように、人体に潜むガンと同じく、姓名の裏の裏に隠れ潜んでいると、魔の「名前鬼門」を見逃してしまう危険があります…。
「医療診断オーリングテスト技法」で、人の姓名(世界中の人々の名前も含む)に組み込まれた、『姓・名プログラム』を見ていくと、何歳で何が発生するか、何歳で幾らのお金を持っているか…、ガンになる心配は…など、知りたいこと、気になることを確実に捉えることができます。

【解説】何故、23歳の若さで、クモ膜下出血で逝ってしまったのかを見てみた。
姓名判断の「人格」と「外格」の裏に隠れている数霊を分析してみたところ…、「人格」が20画(2+0=2)、「外格」が29画(2+9=11。11は1+1=2)で、お互いが、2の同数で「横死殺」の「鬼鬼門(おにきもん)」になっていることが判った。
そして、生命に及ぶ危険は、23歳であることも判った。
「人格」と「外格」に同数字が並ぶと、名前の最大鬼門の「横死殺」になるので要注意である。

 

大東 隆行氏。餃子の王将チェーン社長。突然の凶弾に倒れました。72 歳逝く。

【解説】姓名判断の「人格」が19画で、「外格」が9画で、9の「同系数」の数字が真横に並んで、横死殺の鬼鬼門となっている。これは、「死に神」のしるしである。
真横に並んだ、同じ数字や、同じ系列の数字は、「死に神」で、名前の最大の「鬼鬼門」である。
「横死殺」の名前には、常に死が付いて回っているので、要注意である。

 

ある地方で、遊びに出掛けた7歳の子供が行方不明となり、その後、河川敷で遺体で発見された…と、新聞に記事が出ていました。
大沢朋子ちゃんの名前は、姓名判断の画数が最高であることから、生まれたとき、姓名判断で名付けられたもの…と思われます。

【解説】【解説】姓名判断の「人格」が15画(1+5=6)、「外格」が6画で、お互いに、6の「同族数の複合殺」「鬼鬼門(おにきもん)」で、「死に神」となっている。
「横死殺」の「死に神」は、その本人の人格部に侵入し、その人を自由に操つり、とんでもない人生にしてしまう魔物であることを、百万人を鑑定で突きとめている…。
子供の名付けには絶対に禁物である。

姓名判断で良い名前を付けなければ、子供が将来、幸せになれないという誤ったデマを意識の中から捨て去ることが大事であると、これから名付けをしようとしている両親方に警告したい。

 

「医療診断オーリングテスト技法」で、人の姓名(世界中の人々の名前も含む)に組み込まれた、『姓・名プログラム』を細かに見ていくと…「何歳で何が発生するか(寿命も含む)」、「何歳で幾らのお金を持っているか…?」、「ガンになる心配は…、その年齢と、その病名は…?」などなど、『知りたいこと…』、『気になることを…』、ほぼ確実に捉えることができます。
自分や家族の名前が「横死殺」の名前になっていると、その人の「人格部」に「死に神」が、そそくさと入り込み、お金や資産を全て吐き出させるために、あらゆることを仕掛けてきます。
その結果、持つモノ全てを失い、最高峰の地位から引きずり落とされた人たちの事例は、掃いて捨てるほどあります。

名前などで、そんなことがあってたまるものですか…、このような名前の人は、そこらじゅうに、掃いて捨てるほど居ます…などと、高を括っていた、プロ野球選手、サッカー選手、ゴルファー、芸能界、企業家たちに「死に神」が襲いかかり、最悪の状態に追いこまれてしまっています。

結婚や養子縁組などで、姓(みょうじ)が変わって、この『名前鬼門』から逃れたとしても、この『名前鬼門』の根は深くて、永遠に因縁を引きずっていくため、とても始末に負えません。
「横死殺」は、手術の相、破産の相、刑罰の相として位置づけているほどの名前鬼門です…。
子供の名付けに用いることはタブーであり、絶対に付けてはいけません。

下記の実例のように、姓(みょうじ)の一番上の文字と、名前の一番上の文字が、同じ画数か同族数になっている名前のことです。
「頭殺」の名前鬼門は、仕事や、金銭の悩み、家庭の不和、病気や、体調不調、事件や事故…などの厄難災難が、突然、襲い掛かってくる、魔の名前鬼門です。
「頭殺」の名前「鬼門」は、急激に不幸が忍びよって来ますので、気付いた時点で改名して、一刻も早く、この名前鬼門から逃れることです。
「頭殺」は、危険な落とし穴であり、ツキ運の無さ、金運の悪さ、異性運が悪いことでは、ダントツ第一位です。子供の名前には危険であるため、絶対に付けてはいけません。
突然の脳溢血、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、心筋梗塞、リンパ腫、急性骨髄性白血病、細胞癌、膠原病、高血圧などの重大な疾病と紙一重であるため、注意が必要です。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

「頭殺」の特徴の一つとして、病院の定期検査で、なんの異常もなし…と、太鼓判を押されていながら、突然、重大な病気が発症して、あっけなくこの世を去ってしまう人が多いので、油断はなりません。
女の子は、いずれ結婚して、姓(みょうじ)が変わるので心配は要らない…とか、そんなことが、あってたまるものか…などと、タカをくくっていると、陰から“鬼鬼門”が見ていたかのようにして襲いかかって来てしまいます。

 

松田直樹氏は、日本代表のサッカー選手として活躍していましたが、練習中に、急性心筋梗塞で突然死しました。34歳。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字『松』が8、名前の頭文字『直』が8で、お互いに、8の「同画数」で「頭殺」の名前鬼門である。

姓名判断の手本となるほどの最高な名前です。
生まれたとき、姓名判断で名前を付けられたであろうことがひと目でわかります…。
姓名判断や、名付けの先生方が、名付けられた名前では無いことを祈りたい。

 

女優。「鎧塚なお美」は、「川島なお美」氏の本名です。
肝内胆管癌、54歳(2015 年9 月24 日)逝く。
戸籍名の「鎧塚なお美」も、タレント名の「川島なお美」の名前も姓名判断の手本と言えるほどの素晴らしい名前です…。
しかし、良い名前の御利益は得られず、最悪な結末となってしまいました。
名前は良いのに、何故、こうなってしまったのか…、姓名判断や名付けの先生方の見解を聞いてみたいと思う人も居る筈です。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字『鎧』が18画→1+8=9と、名前の一番上の名前の文字の『な→5画』『お→4画』→5+4=9画が、お互いに、9の「同族数の複合殺」で、「頭殺」の名前鬼門になっている。
「頭殺」は、自分自身の考えをコントロールが出来ないように「名前鬼門」から操られ、知らず知らずのうちに、事故や災難、癌…などで、メチャクチャに破壊されてしまう恐怖の「名前鬼門」である。
《注》「同族数」とは、文字の画数が2桁の場合は、10の位の数と1の位の数を、1桁の数になるまで足し合わせたものである。

 

 

ツアーバスに乗っていて、事故に遭って犠牲になった人たちの氏名が、新聞にズラリと載っていました。 犠牲者の半数の人が大学生で、姓名判断の画数が最高な人たちでした…。
姓名判断に興味がある人は、思わず“エッ、名前が良い人が何故、事故に巻き込まれるのよ…”と思った筈です。
これが姓名判断の現状なのです。

【解説】姓名判断では、姓(みょうじ)が一文字の場合、仮数【0】と、仮数【1】を付けて鑑定を行うが、仮数を付けても、付けなくても、どちらかに「複合殺」が絡んでいると、名前の「鬼門」となるので注意が必要である。
この人の名前は『晃』が10→1+0=1で、名前の頭文字が(1)で、「頭殺」の名前鬼門となっている。

 

保育園の園長の虐待によって亡くなった、痛ましい事件が新聞に載っていたので、詳しく名前を分析してみました。
姓名判断の本職が付けたと思われるほど、最高の画数の名前です…。
姓名判断や名付けの先生たちが、絶対に見たくない事例です。

【解説】藤嶋 飛土己という名前を、こまかく分析していくと、姓(みょうじ)の頭文字『藤』は18画で、名前の頭文字『飛』が、9画である。
姓(みょうじ)の頭文字の『藤』は「18画」で、1+8=9であり、名前の頭文字の『飛』は9画で、お互いに、9の同族数で、「頭殺」の「名前鬼門」である。
《注》「同族数」とは、文字の画数が2桁の場合は、10の位の数と1の位の数を、1桁の数になるまで足し合わせたものである。

 

※林 晃孝君の両親も…、藤嶋 飛土己ちゃんの両親も…、姓名判断で良い名前を名付ければ、子供が将来、幸せになれると信じていた筈です…。
世の中の姓名判断師や、名付け業者たちは、このような事例を突きつけられるたびに、言い分けに四苦八苦し、しどろもどろの説明をしながら逃げ回るしかすべがないのが現実です…!

※運命鑑定や、姓名判断師、名付け業は、学歴も、経験も、資格なども、いっさい必要としない世界です。
その様なことから、『いつからでも、誰でも、始めることが可能なビジネス』です。
何故、運命鑑定や、姓名判断師、名付け業に資格がないのかと言えば…、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の世界であるからです。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の名付けビジネスが世にまかり通る理由は、と言えば「子供に将来、幸せを掴ませてあげたい…」「立派な人間になって欲しい…」「少しでも良い名前を付けてあげたい…」という、親心の一心さが、その根底にあるからです。

※すがれるものには、なんでもすがりたい…というのが、親であり、人間です。
そのような期待を、姓名判断家や名付け業を行っている我々は裏切ってはなりません。

下記の実例のように、姓名判断の「天格」と、「地格」の数字が、同じ画数か、同系列数の名前のことです。
姓(みょうじ)の総画数(姓を足し合わせたもの)と、名前の総画数(名前を足し合わせたもの)が同じ名前は、名前鬼門の「天地殺」で危険です。
『天地殺』は、前ぶれもなく、突然、金銭面・仕事面・家庭面・親子関係・健康面…などに、思いがけない事態が発生します。
『天地殺』は、直下型の「鬼鬼門(おにきもん)」であるため…、
脳溢血、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、脳腫瘍、心筋梗塞、リンパ腫、急性骨髄性白血病、細胞癌、膠原病、高血圧などの重大な機能障害などと紙一重です。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

大塚製薬社長『岩本太郎』氏。 日本を代表する製薬会社の社長として世界に知られていました。54 歳 逝く。
病気を回復させ、命を救う薬を製造しているトップが、54歳の若さで、しかも心不全で逝ってしまうとは…と、思った人が、少なからず居たはずです…。

【解説】姓名判断の「天格」と「地格」が同じ数字になっていると、予想も、予期もしない、クモ膜下出血や、脳溢血、脳卒中、心筋梗塞、心臓麻痺、急性白血病、ガン…などの悪病諸病を発生させてしまう。
人生をメチャクチャにしてしまう、手ごわい鬼鬼門(おにきもん)である。
子供に「天地殺」の名前を絶対に名付けてはいけない。

 

 

筒井誉大君(9歳)。増水した用水路に流されて亡くなったと、新聞に訃報が載っていたので、姓名をみてみました…。

【解説】“姓名判断のプロが付けたのでは”と言いたくなるほど、素晴らしい名前である…。がしかし、姓(みょうじ)と、名前が、16と16で、同じ数字になっている。
これは恐怖の「天地殺」の鬼鬼門(おにきもん)である。

両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、幸せになれる…と、願ってのことであったと思います…。
掛け替えもない愛児が、僅か9歳の寿命ではやりきれません。
「姓名判断で良い名前を付けて幸せにしてあげたい…」という両親の気持ちが無念でなりません。

 

大分のスーパーの駐車場で、行く不明になった、琴音ちゃん(2歳)が、母親から殺害されていた事件がありました。
足に障害があることを、母親が悲観しての殺害事件であったと報道されました…。

【解説】姓名判断の本職の先生方が、名付けたのでは…と思いたくなるほど、最高な名前である。がしかし、姓が11画で、名前が21画、お互いが、1の同系数の名前になっている。
これは「天地殺」の鬼鬼門(おにきもん)である。
姓名判断の画数が良いなどは、何の意味も、御利益もない。

 

慶樹ちゃん(6歳)が、幼稚園の送迎バスを待っていて、少年に刺されて亡くなったという事件が新聞に載っていました。
姓名判断の手本と言えるほど最高の名前であるのに、何故…。
両親は、愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、幸せになれる…と願ってのことであったと思います。
その期待を見事に裏切られた形になった両親や親族は無念極まることでしょう…。

【解説】何故、僅か6歳という年齢で、惨い結果となったのか…、姓名の裏組織を見てみたところ…、「天格」と「地格」の裏に潜み隠れている、魔の鬼鬼門(おにきもん)の存在を突きとめた…。
それは、姓(みょうじ)が、22(2+2=4)画で、「地格」が31(3+1=4)で、お互いが、4の同族数の「天地殺」の恐怖の鬼鬼門(おにきもん)になっていたのだ…。

そして更に、「医療診断オーリングテスト技法」で、生命終焉の年齢をテストしていくと、幼児期の6歳であることも突きとめました…。
子供に名付けをする場合、姓名のプログラムに、80歳以上の寿命を組み込むことを忘れないことと、鬼門の名前にしないことです。
姓名判断で良い名前などは、何の意味も、御利益も無いことが、理解できる筈です。

 

「天地殺」は子供の名づけに、絶対に使ってはなりません。
もし、家族の誰かが、「天地殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっていることに気がついたら、即座に、改名で逃れておくべきです。
家族が幸せで長生きをするために重要なことです!

「天地殺」の鬼鬼門(おにきもん)」の名前は、体調が不調で、病院に行って検査を受けても、別に異常はなし…と診断されたり、職場の定期的な検査などで、何の異常もなし…と告げられておきながら、ある日、突然、重大な病気を告げられる人が多いので、名前が該当している人は要注意です。
そして更に、『天地殺』は、病気が発見されたときには、既に手遅れという人が多いのも特徴です。

何故かと言えば、CTスキャンやMRIなどの現代医療機器などに捉えられないように、「天地殺」の鬼鬼門(おにきもん)が、病気や体内の異常を巧みに覆い隠すからです。

「崩殺」は、姓(みょうじ)と、名前のつなぎ目が、お互いに、同数字や同系数になっている名前のことです。
姓(みょうじ)と、名前のつなぎ目が同数になっていると、その部分が癒着結合し、その本人の動きを止めてしまう、恐怖の「鬼鬼門(おにきもん)」です。
一度、体調を崩すと慢性化し…、元の位置に戻ることが出来なくなってくる。それは、「崩殺」の「鬼鬼門(おにきもん)」のシワザです。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

本間裕士くん(6歳)。身代金目的で誘拐され、頭を石で殴られ…、首を紐で絞めて殺された…という、痛ましい訃報が新聞に載っていました…。
姓名判断の手本と言えるほど、最高に良い名前のため…、姓名判断で、名付けられたものと思われます…。
両親は、愛児に、姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、きっと幸せになれると、願ってのことであったと思います、 惨い限りです…。

【解説】姓(みょうじ)と、名前のつなぎ目を、同数や、同系数にすると名前鬼門となり、「死に神」が宿り、厄難災難が突然襲いかかって来るので、子供の名付けの際、特に注意することである…。

 

 

加藤 和枝は、美空ひばり氏の本名です。歌手。肝機能生涯、大腿骨頭壊死、間質性肺炎で、52歳で没しています。
小林旭氏と離婚や、親族同士のトラブル続きで悩みが多かったといいます…。

【解説】姓(みょうじ)『藤』が18画、名前『和』が8画で、姓名が、8の同系数でつながり、恐怖の「崩殺」の鬼鬼門、「死に神」になっている。
「崩殺」は、一度、体調を崩したり、コトをしくじると、それが慢性化し…、元の位置に戻ることが出来なくなってくる。
それは、「崩殺」の「鬼鬼門」のシワザである。

 

萩原 流行氏。本名 萩原 光男。俳優。バイクで転倒したところに、後ろから来た乗用車に胸をひかれて亡くなりました。62歳。

【解説】姓(みょうじ)と、名前が、10の同画数で繋がり、魔の「崩殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっている。
「崩殺」は、コトがこじれやすく、荒れた人生が横たわっている…。
「崩殺」「フリガナを振らないと読めない名前」「光」の文字は、最大の名前鬼門のため、子供の名付けに用いることは、タブーであり、絶対に厳禁である。

 

佐藤 佳代は、岡田有希子氏の本名です。歌手。
18歳。投身自殺。
本名の下に、岡田有希子氏の芸名を掲示していますが、こちらは姓名判断の画数が最高なため、デビューのとき、姓名判断師が命名したであろうことが覗えます。

【解説】本名の佐藤佳代は、姓(みょうじ)と、名前のつなぎ目が、18と8で同系列数である。
これは「崩殺」の鬼鬼門(おにきもん)である。
姓と、名前が、同数で繋がっていると、その部分が癒着結合し、その本人の動きを止めてしまう、恐怖の鬼鬼門(おにきもん)である。
「崩殺」は短命者が多いので、子供の名付けに用いることは絶対に厳禁である。

 

“私や、私の子供は、『鬼門』の名前になっているが、でも…”、“有名な姓名判断の先生に名前を付けて貰っているし”、“誰が見ても、良い名前だと言われているので、全然安心です…と、強がりを言っていた、プロ野球選手、サッカー選手、ゴルファー、芸能界の家族に、「死に神」が、突然、襲い掛かり、一家をメチャクチャにされている事例が数え切れないほど横たわっています。

子供の名付けに、「崩殺」の鬼鬼門(おにきもん)を絶対に名付けてはいけません…。
名前鬼門を甘く見ていると、親子共々に、泣かなければならない日が待っています…。

「破殺」は、「天格」と「外格」が、同じ画数・同系数・同族数になっている名前のことで、「鬼鬼門(おにきもん)」です。
『破殺』の名前鬼門は、同じ数字同士が反発や同化を繰り返し、斜めから身体組織をメチャクチャに破壊してしまう、厄介極まる名前「鬼門」です。

子供の名付けには、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」で、危険なので、この項目には、特に注意して戴きたい。

俊希ちゃん(8歳)。いたずら目的で犯人宅に連れ込まれ、首を絞められて窒息死。近くの山林に遺棄されていた…という痛ましい限りの訃報が新聞に載っていました…。
姓名判断の手本と言えるほどの良い名前です。
両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったと思います。
ほんとうに無念です。姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いことを祈りたい。

【解説】「天格」が11画で、「外格」が11画で、「破殺・斜め鬼門」になっている。
「破殺・斜め鬼門」は、人生が傾斜しているため、いつ、傾斜面から滑落するかわからない…。

 

紗也乃ちゃん(11歳)。 学習塾の教室内で、塾講師に首を刺されて亡くなったという痛ましい限りの訃報が新聞に載っていました。
姓名判断の手本と言えるほどの良い名前です。
両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったと思います。無念の限りです。
姓名判断や名付けの先生方が名付けた名前では無いことを祈りたい。

【解説】「天格」が16画で、「外格」が16画で、「破殺・斜め鬼門」になっている。「破殺・斜め鬼門」は大凶で、恐怖の鬼鬼門(おにきもん)「死に神」である。
最悪の結果が瞬時に現れて来るので、子供の名付けに絶対に用いてはならない。

 

飯島 愛。タレント。本名・大久保 松恵。孤独死。
37歳。自室で孤独死。肺炎を患っていたといいます…。

【解説】「天格」が22画、「外格」が12画で、お互いが、2の同系数で、「破殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっている。
名前鬼門の「死に神」が、その人の人体奥部に斜めから入り込み、身体組織や運命そのものを傾斜させ、運命そのものを滑落させ、メチャクチャにしてしまうので、厄介極まる恐怖の鬼鬼門(おにきもん)である。
行く先々、親子共々に、泣かなくてはいけない羽目になってしまうため注意である。
子供の名前を斜め鬼門にすることは絶対に厳禁である。

 

X JAPAN 沢田泰司氏。自殺45歳。
中学生のとき両親が離婚し、母親が再婚などで非行に走った…などの記事が、スポーツ新聞や、週刊誌などに書かれていました。
更に、持病のてんかんや、脳梗塞が悪化、左足大腿骨頭壊死など、多難続きであったことも報じられていました。

【解説】「天格」が12画で、「外格」が12画で、お互いが12画の同画数で、「破殺」の鬼鬼門(おにきもん)になっている。
「破殺」「斜め鬼門」は、名前「鬼門」の「死に神」が、斜めから、その人の中に入り込み、その人を傾かせ…、自在に操作しているため、体のあちこちに、ひずみや歪(ゆが)みが発生してくる…。

持病のてんかんも、左足大腿骨頭壊死も、脳梗塞も、自殺も、非行も、全て名前鬼門の「死に神」の操作です。
姓名判断の画数が良いとか、良くないなどは、「破殺・斜め鬼門」には微塵も通じません…。
「死に神」から、ドンデン返しを喰ってしまうため、子供の名前が、「破殺・斜め鬼門」に絶対にならないように注意をして戴きたい。

 

丸山 夏鈴。21歳で逝く。タレント。
小学生の頃、脳腫瘍を患い、合計7度の手術を受けました。
脳腫瘍が肺に転移していることが判明したと、女性雑誌に載っていました。
姓名判断の手本と言えるほど、良い名前です。
両親は、姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、幸せに絶対になれる…と信じての名付けであった筈です。
しかし、結果は、その願いと希望を無残に打ち砕きました。

【解説】姓(みょうじ)が6画で、「外格」が16画で、6の同系数の「破殺・斜め鬼門」になっている。
人生も、人体も、運命も、全て傾斜し、傾いていくので、体制を立て直すのは至難のワザである。

 

加藤里奈ちゃん(13歳)。母親と共に自宅で殺害されているところを発見された…と、新聞に訃報の記事が載っていたので、診てみました…。
加藤里奈という名前は、姓名判断で最高な名前です。
両親は愛児に姓名判断で、良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであった筈です…。がしかし、親子共々、他人から殺されてしまっては、たまったものではありません…。
姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いことを祈りたい…。

【解説】加藤里奈ちゃんの姓名は、「天格」が23画、「外格」が13画で、共々に、3の同系数の「破殺・斜め鬼門」になっている。
「破殺・斜め鬼門」は、人生が斜めに傾斜しているため、真っ直ぐに、コトが進まない…。
人生のどこかで、「破殺・斜め鬼門」の「死に神」が、背中を押し、傾いた斜面から滑落させてしまうので、とても怖い人生となってしまう…。

姓名判断の画数が良いなどは、何の意味も御利益も無いことが理解できる筈です。
前途ある我が子に、鬼門の名前を絶対に名付けるべきではありません…。慎重でなければありません…。

 

「破殺・斜め鬼門」の犠牲となった子供たち(姓名判断で最高な名前であることから、産まれたとき、姓名判断で名前を付けられたと思われる…)が、上記以外にも、数え切れないほどいることを、『子供を、あなたを、最強の運勢にするために重要項目その3』にも記載されているので、ご覧戴きたい…!

著作一覧
プロフィール
マスコミ掲載

そのキラキラネーム、名前鬼門かも?
親兄弟と名前分け、それ、名前鬼門です…
画数悪いのに…大成功、えー???
画数良くて災難?なぜ…
名前と一緒に、希望を授けていただきました。喜びの声公開中
驚異の波動、水晶「隆勢」

名付け・改名の料金
名付けのお申し込み
改名のお申し込み
お問い合わせ

ページ上部へ戻る