世の中の姓名判断・名付けの真相

title.05
title.05-1
▼
姓名判断で画数が良い名前で凶運
【姓名判断】丸山夏鈴
【姓名判断】坂本真一
【姓名判断】中島尚俊
姓名判断で画数が良くない名前で成功
【姓名判断】大谷翔平
【姓名判断】小池百合子
【姓名判断】湯川秀樹
title.08
姓名判断で画数が良い名前で凶運
【姓名判断】竹田圭吾
【姓名判断】今井洋介
【姓名判断】笹井芳樹
姓名判断で画数が良くない名前で成功
【姓名判断】大村智
【姓名判断】利根川進
【姓名判断】豊田章男

姓名判断では良い名前なのに凶運

姓名判断では良い名前なのに凶運に見舞われた方々を、その実例とともに詳しくご紹介します。
内容には事件・事故などのショッキングな内容も含まれています。閲覧にはくれぐれもご注意ください。

世の中の姓名判断・名付けの真相
point1_titletext
【姓名判断】大久保松恵

タレントの飯島愛氏の本名。肺炎。37 歳逝く。

【姓名判断】松山英太郎

俳優。食道ガン逝く48 歳。
離婚歴有り。

【姓名判断】岡田有希子

アイドル歌手、18 歳。投身自殺。姓名判断で良い名前だと、人気が高かった。

葛西 りまさん。中学2 年。13 歳逝く。 同級生たちからキモイなどと罵(ののし)られ、イジメられ、駅構内で列車に轢かれて自殺した事故が、警察問題になっているという、ショッキングな事件が新聞に載っていました…。
更に、写真コンテストで最高賞に内定した作品が、自殺した女子生徒が被写体だったとして受賞を取り消されていたという、常識では考えられない記事が掲載されていました!
葛西りま さんの名前は、「姓名判断の先生方が名付けた名前では…」と思えるほど、良い画数の名前です! 両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、キッと幸せになれると願ってのことであった筈です。誠に無念です。
これから産まれてくる赤ちゃんに、姓名判断で良い画数の名前を名付けようと思っている人は、「何故、こういうことになるのですか…」と、姓名判断の関係者方に詰め寄りたくなる筈です。「姓名判断で良い名前を名付けないと、将来、子供が幸せになれない…」などと、『なんの根拠も』『何の裏付けもない』『当たるも八卦、あたらぬも八卦』の「姓名判断業界や名付け業界で仕事をしている先生方」は、こういう事件事故を突きつけられるたびに、 自分が名付けた名前でなくとも、シドロモドロ、思いつく限りの理論を並べ立てて、苦しい言い分けに四苦八苦し…、地のある限り逃げ回るか…、はたまた、ほとぼりが冷めるまで、死んだふり・寝たふりをするしか、すべがないのが現実です。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字「葛」が、12画、名前の頭文字「り」が、2画で、姓(みょうじ)の頭文字と、名前の頭文字がお互いに2の同系数で、『頭殺』の鬼鬼門(おにきもん)である。
『頭殺』の名前は、名前鬼門で、とても危険であるため、大人・子供、共に絶対に避けなければならない。

村山 聖さん。29 歳没。羽生善治 棋士のライバルで、「怪童」と呼ばれるほどの天才棋士でしたが、腎臓の病ネフローゼをわずらって、僅か29 歳の若さで逝った「伝説の棋士」、羽生善治を追い詰めた棋士、「聖の青春」という映画の公開記事が新聞に載っ ていました。
姓名判断の画数が文句を付けようがないほど良いことから、出生したときに、「姓名判断の先生方が名付けられた名前では…」と思いたくなるほどです!
両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、キッと幸せになれると願ってのことであったと思います…。誠に無念です。姓名判断や名付けの先生方が名付けた名前でないことを祈りたい。
姓名判断や、名付けを本業としている私たちは、親心の期待を裏切らないためにも、「MSN方式」による命名法に本腰を入れて研究し、そして、『姓(みょうじ)・M』『生年月日・S』『名前・N』の組み合わせの中に、「事件・事故・災難・悪病諸病・金の 苦労心配・失敗・破産・異性の心配苦労」などを組み込まず、最低でも「85 歳以上」の寿命と、「幸多き人生」を「意図的に組み込み」、素晴らしい人生であったと言えるようにしてあげるべきです!

【解説】姓(みょうじ)の一番下の文字「山」が3画、名前の頭文字「聖」が、13 画で、姓(みょうじ)と、名前のつなぎ目が、お互いに、3の同系数で、『崩殺』の鬼鬼門( おにきもん)である。「崩殺」の名前は、複合殺であり、とても危険であるために、名付けには絶対に避けなければならない。
更に、「人格」が16 画(1+6=7) で、「外格」が7画で、「人格」と「外格」が、同族数の「複合殺」で、『横死殺』の最大の鬼鬼門(おにきもん)「死に神」になっている。
また更に、「聖」は『忌文字』であり、『一文字名』は鬼鬼門(おにきもん)である。
二重・三重の名前鬼門は、若くして、逝く人が多いので、名付けには慎重を期したい。

「名前などで、そんなことがあってたまるものですか…」「私の子供は姓名判断の先生から名付けて貰っていますから大丈夫です…」、「このような名前の人は、世間に掃いて捨てるほど居ますからネ…」などと強がりを言って、笑い飛ばしていた有名プロ野球選手や、サッカー選手、ゴルファー、芸能界、政治家…の家族に、「疫病神・疫神」 が、次から次へと襲いかかり、厄難災難のかぎりを浴びせ付けています。可愛い我が子のために、名付けには、細心の注意をはらっていただきたいと思います。

18代目。中村勘三郎氏の本名。食道癌。難聴。
肺疾患などで、壮絶な一生でした。57歳没。
姓名判断の手本と言えるほど良い名前のため、姓名判断の先生方が絶対に見たくない事実です。

「つんく」氏の本名。
声帯全摘出で声を失う。
つんく氏の熱狂的ファンたちから、「つんくさんの名前は、姓名判断で、素晴らしい名前である」と、色々な占い雑誌に書いてあったのに、何故あんなことになるのですか…?と、しばしば不満の声を聞きます。
そのたびに「これが、世間にまかり通っている、姓名判断の、ありのままの現実です…」と伝えています。

【解説】『ツ音』の名前は運勢の吉凶の起伏が激しい鬼鬼門(おにきもん)となっている。『光』の文字は、『忌文字』。姓(みょうじ)の頭文字が『寺』6画と、名前の一番上の文字が『光』6画で、 お互いが同数で、名前の鬼門「複合殺」の『頭殺』になっている。

ミュージカル演出家。早稲田大学文学部卒。
自分自身の誕生日で、妻が亡くなった時間に自殺。54歳。2015年7月29日。
姓名判断の画数が最高で、見本となる程の名前です。姓名判断の先生方が積極的に用いたくなる画数の名前であるため、徹氏が誕生したときに、両親が姓名判断の専門家に名付けて貰ったか…、 それとも、姓名判断の本を手本にして、両親が名付けたかの、いずれかであることが推測できますが、そうでないことを祈りたい。

【解説】『一文字名』は鬼鬼門(おにきもん)であり、更に、姓(みょうじ)の頭文字が『?』6画と、名前の一番上の文字が『徹』6画(15→1+5=6)で、 お互いが6の同数で、名前の鬼門「複合殺」の『頭殺』になっている。
『頭殺』の名前は、その人に常に鬼鬼門(おにきもん)の「死に神」が寄り添って来ているので、非常に危険である。子供の名付けには絶対に厳禁である。
《知恵袋》名前の漢字の画数がわからないときは、漢和辞典で調べると良い。辞典の画数に従うことが大事である。

こころちゃん(5歳)。大雨で一気に増水した川に、学童保育の児童が流されたという事故が新聞に載っていました。姓名判断の画数が良いことから、生まれたとき、姓名判断で名付けられたものと思われます。
『姓名判断』の先生方が、名付けた名前でないことを祈りたい。

【解説】「人格」が8画で、「外格」が同じく同数の8画で、『横死殺』名前鬼門 複合殺になっている。

大山真白さん。20歳。声優を目指していたアルバイト店員さんが殺害されているのが見つかったという、痛ましい事件の記事が新聞に載っていました。
姓名判断の画数が、とても良いことから、生まれたとき、姓名判断で名付けられたものと思われます。
『姓名判断』の先生方が、名付けた名前でないことを祈りたい…。

【解説】「天格」が6画で、「地格」が、15画(1+5=6)で、6の「同族数」の『天地殺』名前鬼門 複合殺になっている。
→「同族数」とは、二桁の数字を足し合わせて、同数となることである。

title.08

【姓名判断】吉田有希

有希ちゃん(小学1年生)。下校途中に誘拐され、刃物で胸を数カ所刺され、山林に遺棄されていたという、とても痛ましい事件の記事が新聞に載っていた…。
姓名判断でみると、とても良い名前だ…。両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。誠に無念である。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→吉(6)と、名前の一番上の文字が→有(6)で、お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。

【姓名判断】小林千夏

小林千夏ちゃん(1歳逝く)。
父親がワンボックス車を、自宅車庫から出す際、母親が目を離したスキに、千夏ちゃんを撥ねてしまった…という、非常に痛ましい事故の記事が新聞に載っていた。
姓名判断の画数が最高で、見本になるほどの名前である事から、姓名判断で名付けられたものと思われる。
『折角、姓名判断で、良い名前を名付けていたのに、何故、こういう事態に…という、両親の悲鳴が聞こえて来そうである…』。
姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いことを祈りたい…。

【解説】『夏』の文字は、『忌文字』。姓(みょうじ)の頭文字が→小(3)と、名前の一番上の文字が→千(3)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。

【姓名判断】遠藤愛依菜

愛依菜ちゃん(9歳)。小学生の3人の列に車が突っ込み、亡くなったという、痛ましい事故の記事が新聞に載っていた…。
姓名判断の画数が最高に良いことから、生まれたとき、姓名判断で、名付けられたものと思われる…。
『姓名判断』や『名付け』の先生方が、最も見たくない事例の筈だが…、何故、姓名判断の画数が良い子供たちが、こういう事態になってしまうのか…、両親方の期待を裏切らないためにも、姓名判断の画数の裏々に潜む 『魔の力と破壊力』を勉強してみるべきだ…!

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→遠(13)と、名前の一番上の文字が→愛(13)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。

【姓名判断】望月梨呉

梨呉くん(中学2年13歳)が、滝つぼに飛び込んで上がってこないことに周囲が気付き、助け上げたが、心肺停止状態で発見されたという、痛ましい事故の記事が新聞に載っていた…。
姓名判断で、最高な名前であることから、産まれたとき、姓名判断で名前を付けられたことが一目でわかる。姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いことを祈りたい…。

【解説】『梨呉』の文字名は、フリガナ無しでは読めない名前は『鬼鬼門』。姓(みょうじ)の頭文字が→望(11)と、名前の一番上の文字が→梨(11)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。

【姓名判断】池田衣里

衣里さん。大学生19 歳。バス転落事故の犠牲者。
スキーツアー客を乗せたバスの転落事故ニュースが、全国を駆けめぐった…。15人犠牲者の中の約半数以上が、姓名判断の画数が良い大学生たちであった。
まさに、姓名判断・狂騒曲(きょうそうきょく)である。
「姓名判断で良い名前を付けて幸せにしてあげたい…」という親心の期待を、「姓名判断家や名付け業を行っている我々は裏切ってはならない…」。
姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いことを祈りたい…。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→池(6)と、名前の一番上の文字が→衣(6)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。

【姓名判断】川原和未子

和未子ちゃん(小学1年生)。下校途中に、犯人の車に連れ込まれ、山林で遺体となって発見されたという、痛ましい事故の記事が新聞に載っていた。姓名判断の手本と言えるほどの良い名前だ。
両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。
誠に無念である。姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いことを祈りたい…。

【解説】『和』の文字は、『忌文字』。姓(みょうじ)の頭文字が→川(3)と、名前の一番下の文字が→子(3)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『圧迫殺』になっている。

【姓名判断】前田和哉

和哉ちゃん (3歳)。自宅前で遊んでいるうちに行方不明となり、自宅近くの路地で、衣装かんの中で、白骨化した姿で発見されたが、犯人が逮捕されずに、法律的に時効となってしまいましたという、痛ましい事件の記事が新聞に載っていた…。
姓名判断の手本と言えるほど、最高な名前であり、姓名判断の画数の取り方がプロ級のため、姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では…と思うが、そうでないことを祈りたい…。
両親は、愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、きっと、幸せになれると願ってのことであったであろうが、あまりにも虚しい結果で無念である。
「姓名判断で良い名前を付けて幸せにしてあげたい…」という親心の期待を、「姓名判断家や名付け業を行っている我々は絶対に裏切ってはならない…!」。

【解説】姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力』と、また更に、『名前の中に、③、⑩、⑫、⑬、⑲、⑳、㉑、㉓、㉘、㉚、㉛、㉜ 』 の数字が、二つ以上入っていると、魔の同化現象を引き起こす恐れがあるので非常に危険だ…!』。
この大事なことをご存知でない、『姓名判断師や名付けの先生方の名付け』で、一家が、ムチャクチャになってしまう家族が後を絶たない…!

【姓名判断】山川典子

典子ちゃん(6歳)。自宅近くで交通事故に巻き込まれ、ひき逃げされ、市の貯水槽下で遺体で発見されたという、痛ましい事件の記事が新聞に載っていた。
姓名判断の手本と言えるほどの良い名前だ。両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。無念である。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→山(3)と、名前の一番下の文字が→子(3)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『圧迫殺』になっている。
「天格」が、「外格」が、6画で、お互いが、6の同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『破殺』になっている。

namelist_text.07

【姓名判断】長屋龍空

龍空ちゃん(4ヶ月)。 父親から頭を床に叩き付けられて、硬膜下血腫を伴う脳圧迫で亡くなったという、痛ましい事故の記事が新聞に載っていた。
姓名判断の手本と言えるほど立派な名前だ。両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力』を知らない、姓名判断師や、名付けの先生方の名付けで、一家が、ムチャクチャになってしまった家族が後を絶たない…!

【解説】「人格」が25画→2+5゠7で、「外格」は16画→1+6゠7で、お互いが、「7の同族数」の『横死殺』・名前鬼門 複合殺になっている。「同族数」とは、二桁の数字を足し合わせて、同数となることである。 名前鬼門『複合殺』の「同数」「同族数」「同系列数」については、「勝つための開運ノウハウ」セルバ出版発行や、マイナビ電子書籍(他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」)』で解説しているので一読していただきたい。
『龍空』の文字名は、フリガナ無しでは読めない名前は『鬼鬼門』となっている。

このコーナーの実例で、重々、お解り戴けると思うが・・・、
姓名判断の画数が良いなどは、何の意味も、何の御利益も無いということを、理解していただくために、実例を、できるだけ多く掲載している。
被災者や被害者の方々のプライバシー保護のため、事件や事故が発生した地域、発生日時などは、すべて、取り去っていることをご了承戴きたい。
姓名判断や、名付けの先生方に注意して戴きたいことは、❶姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力』による破壊現象→「姓(みょうじ)」→「生年月日」→「名前」の相性が合わず、時間の経過と共に、その本人を破壊してしまうという手ごわい現象)』と、❷名前の中に「魔の霊数同士が存在することによって引き起こされる同化現象」である。 魔の破壊現象を引き起こす数字は→『 ③、⑩、⑫、⑬、⑲、⑳、㉑、㉓、㉘、㉚、㉛、㉜ 』であることから、 これらの数字を、絶対に、名前の中に、二つ以上入れてはならないということを勉強して欲しいものだ…! 『その何故かの理由は、他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」 マイナビ発行 「電子書籍」で、詳しく解説しているので、拝読戴きたい・・・』。

【姓名判断】河西美枝

美枝ちゃん(2歳10ヶ月)。犯人宅に連れ込まれ、大声で泣いたため、粘着テープで、口を塞がれて殺され、山林に埋められた…という、とても痛ましい事件の記事が新
聞に載っていた…。
これから産まれてくる愛児のために、姓名判断の勉強をしている人なら、一目でわかると思うがー…、美枝ちゃんの名前は、『姓名判断の本職(プロ)が名付けたのではー
…』と言えるほどの名前だー…。
しかし、河西ご一家は、親子共々に、最悪な人生になってしまったー…!
両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。無念である。

このような事例は、姓名判断や名付けの先生方が、絶対に目にしたくない例であるー…。しかし、姓名判断の先生によっては、(流派によって 『氵』を、3画ではなく、『氵』を、4画で計算するー…とか、姓名判断には、「五行(木火土金水)の法則が大事だから…」など、思いつく限りの弁解を並べ立てるしか方法が無いのだ・・・。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→河(8)と、名前の一番下の文字が→枝(8)で、 お互いが、8の同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『圧迫殺』になっている。

【姓名判断】辻角公美子

辻角公美子ちゃん(9歳)。
『自宅付近から行方不明となり、○○町の山中で白骨化した姿で発見されました。犯人は、いたずら目的で、そろばん塾からの帰宅途中の公美子ちゃんに声をかえて、自宅アパートに連れ込み、騒がれたため絞殺し、身代金を要求しました…』という、痛ましい事件の記事が新聞に載っていた…。
姓名判断の画数が、完璧で最高なため、本職(プロ)が名付けた名前ではー…と言うほどの出来栄えである。
名付けの先生方は、自分が名付けた名前ではなくても、穴があったら入りたいような心境である筈だ……!

【姓名判断】脇志朋弥
【姓名判断】清田啓介

脇志朋弥さん。大学四年生。
清田啓介さん。大学一年生の2人が、アパート崩壊(地震)で、下敷きとなった…という、とても痛ましい訃報記事が新聞に載っていたー…!
亡くなった2人は、姓名判断の画数が最高で、姓名判断の手本になるほどの名前である…!
これから、姓名判断で名付けをしようとしている母親たちから、『亡くなられた、お二人は、姓名判断で最高な名前なのに、何故、あんな惨いことになるのですかーッ…!』
と、名付けの先生方に詰め寄りたくなる筈である…。

人の良い『姓名判断師や名付けの先生方』は、思わず…、『これが、姓名判断の現実なのですー・・・』と、口走ってしまいそうな気がしてならないー・・・!』。

姓名判断や、名付けの先生方は・・・
『自分が名付けた名前ではなくても…、こういう事例を突きつけられるたびに、言い分けに四苦八苦し…、しどろみどろの説明をしながら、逃げ回るしか、方法と術(すべ)がないのが現実だー…! 』 。
これでは、姓名判断の名付けで、犠牲となった訃報者や、ご遺族は報われない…!
「姓名判断で良い名前を付けて幸せにしてあげたい…」という親心の期待を、「姓名判断家や名付け業を行っている我々は絶対に裏切ってはならない…!」。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→清(11)と、名前の一番上の文字が→啓(11)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。
『志朋弥』の文字名は、フリガナ無しでは読めない名前は『鬼鬼門』となっている。

【姓名判断】前下拓海

乗用車が街路樹に激突。高校一年生が亡くなったという、痛ましい訃報事故の記事が新聞に載っていた…。
姓名判断の画数が最高で、姓名判断の手本になるほどの名前である…。

何故、不慮の事故に遭ってしまったかを見てみると…、【姓(みょうじ)の一番上の文字が『前→9画』】で、【名前の一番下の1文字が『海→9画』】で、お互いが、『9画の同数』になっている…!
姓(みょうじ)の一番上の1文字と、名前の一番下の1文字が、同数になっている名前は、『圧迫殺』の「鬼鬼門」で、大凶相である。
【子供の名前を6つの名前鬼門『複合殺』にしない】のところで解説しているように、同数の同エネルギーが、その人を、上下から強力に圧迫しているため、常に、運気が不安定である。
事故や災難、水難事故、転落事故、自殺、悪病諸病、金運不調、離婚や別居、死別、晩婚…などを背負っているので要注意である。名前の大凶相であるため、子供の名付けに用いることはタブーであり、絶対に付けてはいけない。

【姓名判断】大橋篤

大阪梅田。運転中に心臓大動脈破裂で突然死(51歳)。
そのあおりで、車が暴走し、歩行者を次々に撥ね、11人が死傷した事故が起きた事故が報道された…。
産まれたとき、本職の姓名判断や、名付けの先生方が、名付けた名前では無いかと言うほど、名前が最高である。
【子供の名前を6つの名前鬼門『複合殺』にしない】のところで解説しているように、魔の霊数同士が、その人を、真横から突き刺しているため、いつ、何が発生するか
は、神のみぞ知るである。
名前の中に「魔の霊数」の『 ③、⑩、⑫、⑬、⑲、⑳、㉑、㉓、㉘、㉚、㉛、㉜ 』 の数字が、二つ以上入っていると、ある日、突然、不幸が襲うことを教えている。
子供の名付けに用いることはタブーであり、絶対に付けてはいけない。

【解説】「人格」が32画で、「外格」は3画で、お互いが、「魔の霊数同士」で、『横死殺』更に、姓(みょうじ)のつなぎ目の「橋」は「16画」で、「篤」が「16画」で、共に、16の同数字同士で、『崩殺』名前鬼門 複合殺『鬼鬼門(おにきもん)』になっている。

名前鬼門『複合殺』の「同数」「同族数」「同系列数」「魔の霊数」については、「勝つための開運ノウハウ」セルバ出版発行や、マイナビ電子書籍(他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」)』で解説しているので一読していただきたい。

【解説】『つ・ツ音』の名前は運勢の吉凶の起伏が激しい『鬼鬼門』となっている。更に、『一文字名』は、年と共に挫折してしまう『鬼鬼門』となっている。

【姓名判断】大下義博

風見しんご氏の本名である。
長女(10歳)が、目の前で事故死したという、痛ましい記事が週刊誌に載っていた…。
『しんご氏の芸名』も、『本名』も、姓名判断では、難癖を付けようがないほどの名前である。

しかし、姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力』を知らずに、名付けをしてしまうと、突然、一家が、ムチャクチャになってしまうので、注意が必要である。

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→大(3)と、名前の一番上の文字が→義(13)で、 お互いが、3の同系数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。
姓(みょうじ)の頭文字が→大(3)と、名前の一番下の文字が→博(12→1+2゠3)で、お互いが、3の同族数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『圧迫殺』になっている。

【姓名判断】風見しんご

全国に何万と居る姓名判断や、名付けの先生方は、両親方の期待を裏切らないためにも、姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力と破壊力』を、腰を入れて勉強してみるべきだ…!
姓名判断の画数が良いなどは、何の足しにも、何の突っ張りにもならないことを認識すべきである。

しかし、「姓名判断の先生」「名付けの先生」「算命術の先生方」の中には、姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力と破壊力』と、『医療診断オーリングテスト技法』を駆使した『 M・S・N 』方式の勉強をしてみたが…、 「奥が深すぎて自分には無理だ…」と、アッサリとあきらめ、「自分自身の改名や、家族の命名、孫の命名」には、『桜宮 史誠』名前診断室を、コッソリと、頼ってみえる先生方の数は半端な数ではない。  そのような先生方に、声を大にして言いたいことは、 「自分自身の家族も大事だが…」、「そのような先生方を信じて、お金を工面して、名付けの依頼をしてみえる方々の家族の将来のことも考えてみてほしいものであるー…!」。

「同族数」に付いては、「勝つための開運ノウハウ」セルバ出版発行や、最新刊『マイナビ電 子書籍(他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」)』で、詳細に解説して いるので、関心ある方は、ご拝読いただきたい。

【姓名判断】加藤正悟

正悟ちゃん(9歳)。母親と共に、自宅で殺害されていたという痛ましい事件が新聞に載っていた…。
姓名判断で、とても良い名前である。
両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。誠に無念である。

姓名判断や、名付けの先生方は、自分が名付けた名前ではなくても、こういう事例を突きつけられるたびに、言い分けに四苦八苦し…、しどろみどろの説明をしながら、逃げ回るしか、方法と、術(すべ)がないのが現実である…!

【解説】姓(みょうじ)の頭文字が→加(5)と、名前の一番上の文字が→正(5)で、 お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『頭殺』になっている。
『正』の文字は、『忌文字』。

【姓名判断】堀本紗也乃

紗也乃ちゃん(小学6年生)。 学習塾の教室内で、塾講師に首を刺されて亡くなったという、痛ましい訃報記事が新聞に載っていた。
姓名判断の手本と言えるほどの良い名前だ。両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。無念である。

何故、こういう事態になってしまったのかと、細かく見ていくと、【❻「破殺」・名前鬼門 複合殺「鬼鬼門」】で解説しているように、「天格」と「外格」が、同じ同数になって、「複合殺」の「破殺」「斜め鬼門」の名前になっている。

『破殺』の「鬼門」は、同じ数字同士が反発や同化を繰り返し、斜めから身体組織をメチャクチャに破壊してしまう、恐ろしい「鬼門」であることから、子供の名付けに用いることはタブーである。

【解説】「天格」が16画、「外格」が16画で、お互いが、同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『破殺』になっている。

【姓名判断】竹山沓里

竹山沓里(かずさと)ちゃん。(4歳)。両親が目を離した途端、自宅前で車に轢かれて、3時間後に亡くなったという、痛ましい訃報記事が新聞に載っていた…。
姓名判断で手本となるほど最高な名前である。
“姓名判断で良い名前を名付けてあげれば、きっと幸せになれる…”と願ってのことであったろう…。

もしかすると…、ご両親方は、【小牧 内科 院長先生】と同じように、姓名判断や、名付けの先生方が、書かれた本を手本に名付けをされたのかも知れない…。

小牧内科 院長先生は、姓名判断や名付けの先生方が書いた本は、何らの裏付けも、何らの立証が無い…。
『氵』を、3画ではなく、『氵』を、4画で計算すると、『辶』は、3画ではなく、7画だと解説している本に沿って、名付けをしたことが大きな失敗だったー…と悔や
んでいらした。

【解説】『ズ・ヅ』の発音名は、言霊の『鬼鬼門』となっており、『沓里』の文字名は、フリガナ無しでは読めない名前は『鬼鬼門』となっている。

【姓名判断】筒井誉大

筒井誉大君。(小学4年生・9歳)。 その地方に激しい雨が降り続き、増水した用水路に流されて亡くなったという、痛ましい訃報記事が新聞に載っていた。
姓名判断の手本と言えるほど最高な名前だ。両親は愛児に姓名判断で良い名前を名付ければ、幸せになれると願ってのことであったであろう。誠に無念である。
細かく見ていくと、【❹「天地殺」・名前鬼門複合殺「鬼鬼門」】のところで解説しているように、「天格が16画」で、「地格が16画」で、お互いが同数で、「天地殺」の「鬼鬼門(おにきもん)」になっている。
また更に、姓(みょうじ)の頭文字「筒→12画は、1+2゠3」で、名前の一番下の「大は、3画」で、お互いが、「3の同族数」の『複合殺・圧迫殺』の『鬼鬼門(おにきもん)』になっている。 「天地殺」や「圧迫殺」は、急転直下、突然、急病が襲ってきたり、家族に不幸が襲いかかるなど、ともに、「死に神」の『鬼鬼門(おにきもん)』であることから、子供の名付けに用いることはタブーであり、絶対に名付けてはいけない・・・。
姓名判断や、名付けの先生方、算命術の先生方は、名付けの際、この『鬼門』には、充分に気を付けて戴きたい。

【解説】天格」が16画、「地格」が16画で、お互いが、16の同数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『天地殺』になっている。

【姓名判断】加藤佑基

加藤佑基さん(15歳)。母親と共に自宅で殺害されているところを発見されたという、痛ましい訃報記事が新聞に載っていた…。
姓名判断で、素晴らしく良い名前である。両親は愛児に、姓名判断で良い名前を名付ければ、きっと幸せになれると、願ってのことであったであろう…。無念極まる事件
である…。
細かく見ていくと、【❷「横死殺」・名前鬼門 複合殺「鬼鬼門」】で解説しているように、「人格」が、【25画→2+5=7】で、「外格」が、【16画→1+6=7】で、お互いが、7の同数になっている…。
「横死殺」は、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」であり、その人を真横から串刺しにしている激しい「鬼門」で、『家族・子孫・希望・お金・健康・寿命』を予告なく断ち切ってしまうので、非常に危険である…。
子供の名付けにはタブーであり、絶対に名付けてはいけない…。
姓名判断や、名付けの先生方は、名付けの際、この『鬼門』には、充分に気を付けて戴きたい…。

【解説】「人格」が25画で、「外格」が16画で、お互いが、同数で、「横死殺」・名前鬼門 複合殺になっている。

【姓名判断】大上哲央

大上哲央さんの車に、市の元職員(飲酒運転)が追突し、同乗の3児を死亡させた事故が、マスコミで繰り返し報道された…。
3児のお父さんの名前は、姓名判断の手本になるような名前なのに…、『何故、こういう痛ましい結果になったのでしょうか…?』という、問合せ者が、「桜宮史誠」の愛読者たちから相次いだー…。

解説すると、『凡人の子供だからとは言わせないための、たった、2つの必須条件…!』の名前の鬼門「天地殺」の「複合殺」のところで解説しているが、「天格→6画」と、「地格15画→1+5=6画」が、お互いに、6の同数になっているからである…。
「桜宮史誠」の姓名判断の本に詳しく説明をしているが、両親から名付けられた名前が、「天格」と、「地格」が、たまたま、同数になっていると、名前の「鬼鬼門(おにきもん)」となり、突然、急病になったり、予告無しに、とんでもない災難が急襲してくるので、子供の名付けには、細心の注意が必要だ…。

「姓名判断で良い名前を付けて幸せにしてあげたい…」という親心の期待を、「姓名判断家や名付け業」を行っている我々は裏切ってはならない…!。

『姓名判断』や『名付け』の先生方は、こういうことの研究は、大の苦手で、『姓名判断で良い画数の名前を、名付けておけば、将来が楽しみだ…などと、何の裏付けも、確証もないことを、平気で大合唱するのだ…!』。

その何故かは、『時間と手間が掛かることは、商売にならないし、名付けを依頼する人とは、元々、他人であることから、常々、顔などを合わせるでもなし…、後々、面倒ごとに巻き込まれることもないからである…』。

しかし、そういう先生方に限って、『自分自身や、家族の名前は、しっかりとした、名前を名付けておきたいので、密かに「桜宮史誠」に依頼をしてみえるのである…』。
その数は、数え切れない程のものだ…。

【解説】「天格」が6画、「地格」が15→1+5゠6で、お互いが、6の同族数で、名前の「鬼門」「複合殺」の『天地殺』になっている。
『つ・ツ音』の名前は運勢の吉凶の起伏が激しい『鬼鬼門』となっている。
「同族数」とは、二桁の数字を足し合わせて、同数となることである。

【姓名判断】蓮尾岳史

蓮尾岳史ちゃん(7歳)が、下校途中、17 歳の犯人に、農業用ため池「新池」まで連れていかれ、草むらで、首を手で絞められて窒息死しました…という、とても痛ましい事件が新聞に載っていた・・・。
姓名判断で、これから、我が子に名付けをしようとしている人は理解できる筈だが、岳史ちゃんの名前は、姓名判断の手本と言えるほど、立派な名前である…。

何故、このお子さんが、惨い事件に遭わなければならかったのかは…、姓名の中に、『0』と『3』の鬼門数が同居しているからだ…。
名付ける名前で、人生が、180度違ってくるので、慎重に名付けて戴きたい。この説明には、かなりのページを要するため、関心のある方々は、他の追随を許さない「億円を稼ぐ人達」の最強の「名前力」マイナビ発行 「電子書籍」の中に、『その人や家族を廃人同様にしてしまう魔の数字・名前の異種の数字が同化して起こる「魔の破壊現象」』で掲載している。
『0』と『3』が同化して、巻き起こる異変を説明しているので、ご拝読戴きたい。

「姓名判断で良い名前を付けて幸せにしてあげたい…」という親心の期待を、「姓名判断家や名付け業を行っている我々は裏切ってはならない…!」。
姓名判断や、名付けの先生方は、姓名判断の画数の裏々に潜む『魔の力と破壊力』を勉強して、子供を魔の支配下に置かないで戴きたいものだ…!

【姓名判断】片岡直也

片岡直也ちゃん(3歳)が、水路に落ちて流されて亡くなったという、痛ましい水難事故が新聞に載っていたー…。 姓名判断の画数が、素晴らしい出来栄えのため、姓名判断の先生方が、名付けられた名前ではないかー…と思える程だー…。 直也ちゃんのご両親は、「姓名判断で良い名前を名付ければ、将来、幸せになれるという風習を信じて、名付けをされたのであろうー…』。 しかし、僅か3歳で、水の犠牲になろうとは、怒りの矛先をどこに向けてよいかー…、悔やまれたであろうー…! 「姓名判断や名付けの先生方」は…、自分が名付けた名前では、無くとも、「こういう事態が発生するたびに、寝たふりをするかー…、死んだふりをするしかー、方法がないのが現実だー…!」。 「姓名判断・名付け」を業とする我々は、こういう現実から、目をそむけてはならないー…!。
我が子が、こういう、惨い事態にならないようにするための、名付け法や改善法を、《重要》5に、解説してあるので…、「姓名判断や名付けの先生方」、 また、これから赤ちゃんの名付けをしようー…と思っている方は、一読して欲しいー…!

【解説】「人格」が16画→1+6゠7で、「外格」は7画で、お互いが、「7の同族数」の『横死殺』・名前鬼門 複合殺になっている。
更に、『直』の文字は、『忌文字』。

【姓名判断】池田麻里

池田麻里さん(25歳)が、橋の上から、60 メートル下に転落させられ、殺害されたという、ショッキングな事件が新聞に載っていたー…。 姓名判断の画数が、手本になるほどの出来栄えのため、姓名判断の先生方が、名付けられた名前ではないかと、思われる程だー…。 麻里さんのご両親は、「姓名判断で、良い名前を名付ければ、将来、子供が幸せになれる…と、願ってのことであったろうー…』。 がしかし、結果は最悪な結末となって、ご両親方の願いを、見事に裏切った形になっている…。 「姓名判断や名付けの先生方」は…、「こういう事例を突きつけられるたびに、しどろもどろ、思いつく限りの言い分けをしながら…、逃げ回るしか、方法がないのだー…!」。
更に、『直』の文字は、『忌文字』。

姓名判断・名付けの先生方から、子供や、孫たちの名前を名付けて戴いたのに…、
事故、災難、水難事故、転落事故、自殺、病気…などで、大変なことになってしまった…
という知らせが、何千というほど届いているが、
ページの都合上、多くを掲載できないことを悔やんでいます

世の中の“姓名判断の先生”や“名付け業の先生方”は、この現状を知りすぎているが…、“姓名判断の先生”や“名付け業の先生方”も、家族を養っていかなければならないため、苦しい限りです。
姓名判断で、良い名前など、なんの根拠も、裏付けもないのが現実なんです…などとは、口が滑っても言えない、苦しい現実がある以上、姓名判断の画数の裏々に潜む、魔の霊力による破壊現象による、犠牲者はなくなりません…。
これから、姓名判断で、良い名前を名付けをしたい…と考えている方々は、
“姓名判断の先生” や “名付け業の先生方”の苦しい現状を理解してあげ、それに乗るか…、
はたまた、頭を切り換えて、「姓(みょうじ)」→「生年月日」→「名前」を、旨く結びつけた、
『力ある強い運気を持つ黄金の名前』を名付けてあげるかは、本人次第です…。

しかし、名付けの失敗による犠牲は、我が子であることを認識すべきです。

以上、何千何万とある実例の中から幾つかを紹介してみました。

姓名判断で、良い名前を付けなければ、子供が将来、幸せになれないという、誤ったデマを意識の中から完全に捨て去ることが、いかに大事かが、理解戴けたかと思います…。

姓名判断で良くない名前の人たちが、大活躍…!
凶数:2・12・22・46・50・54・55・56・59・60
大凶数:4・9・10・14・19・20・26・28・46
title.07
黒田 俊介
吉田 沙保里
内村 航平
吉田 麻也
香川 真司
内田 篤
浅田 真央
本田 圭佑
長友 佑都
田中 将大
星野 仙一
工藤 公康
秋元 康
堺 雅人
恵 俊彰
濱崎歩
中居 正広
長渕 剛
杉本 高文
森田 一義
北野 武
安倍 晋三
長嶋 茂雄
松井 秀喜
title.08
鈴木 修
八郷 隆弘
三井 正則
市橋 保彦
細井 行
片山 正則
鈴木 敏文
小飼 雅道
鈴木 克久
古森 重隆
細井 行
永田 正
堀内 幸夫
好本 達也
東原 敏昭
石井 直
榊原 定征
中田 卓也
久芳 徹夫
前田 辰巳
山口 悟郎
立花 貞司
小原 好一
孫 正義
namelist_text.07
前田 幸一
川口 充功
村重 芳雄
清水 琢三
佐々木 邦彦
今井 雅則
鞠谷 祐士
秋葉 俊一
則久 芳行
新井 英雄
永本 芳生
小野 俊雄
野村 俊明
金子 治行
山本 晃則
namelist_text.08
宮永 俊一
前川 篤
中田 卓也
戸井 和久
大西 洋
岡田 元也
御手洗 冨士夫
宗岡 正二
進藤 孝生
樋口 武男
大野 直竹
大林 剛郎
和田 勇
阿部 俊則
村田 誉之
中村 満義
押見 至一
熊切 直美
宮本 洋一
井上 和幸
市川 晃
重久 吉弘
佐藤 雅之
川名 浩一
大栗 育夫
澁谷 省吾
中垣 啓一

“姓名判断で名前が悪いと言われながら・・・”
“たくさんのお金を稼ぎ”、 “家族や両親を幸せ一杯にしている人たちが、
この世に、ウヨウヨと居る現実”を・・・、
世の中の“姓名判断の先生”“名付け業の先生方”は、
知りすぎていながら・・・、
それを認めるとなると…、名付けの商売は、
あがったりになって、生活のカテを失ってしまうので…、

“寝たふり”、“死んだふり”をするしかないのです…!

著作一覧
プロフィール
マスコミ掲載

そのキラキラネーム、名前鬼門かも?
親兄弟と名前分け、それ、名前鬼門です…
画数悪いのに…大成功、えー???
画数良くて災難?なぜ…
名前と一緒に、希望を授けていただきました。喜びの声公開中
驚異の波動、水晶「隆勢」

名付け・改名の料金
名付けのお申し込み
改名のお申し込み
お問い合わせ

ページ上部へ戻る