ブログ

姓名判断でひらがなの名前を付けるのは避けたほうがいいってホント?

子どもの名付けは、親にとって大きな問題です。名前は一度決めたら、簡単に変えることはできません。特に、姓名判断などの運勢が気になる方は「後悔しない名付けをしたい」と思っておられることでしょう。

中には「かわいい印象があるから」というような理由で、ひらがなの名前を付けたいと望む方もいるかと思います。実際、世の中にはひらがなの名前を持つ方は少なくありません。一方で「子どもにひらがなの名前を付けるのは、姓名判断では良くない」といううわさを耳にされた方もいるでしょう。子どもにひらがなの名前を付けるのはいいことなのか、悪いことなのか詳しく解説していきたいと思います。

  1. ひらがなの名前を付けるメリット
  2. ひらがなの名前を付けるデメリット
  3. 姓名判断で見る、ひらがな名付けの良しあし

1.ひらがなの名前を付けるメリット

運勢をまったく考慮に入れないとしても、ひらがなの名前を付けるメリットは案外多いものです。まずは、姓名判断のことは一時忘れて、ひらがなの名前を付けるメリットについて考えていきましょう。

1-1.名前の印象が柔らかくなる

ひらがなの名前は、一般的には男性名よりも女性名のバリエーションが豊かです。「はるか・さくら・しずか」というふうに、本来漢字で書くことができるにもかかわらずわざわざひらがなで名付けられた子どもも多くいます。

ひらがなは本来、漢字のくずし字として誕生しました。そして、昔からひらがなを主に用いてきたのは女性たちだったのです。ひらがなを使うだけで、漢字よりも書いた文章に柔らかい印象を与えることができます。名付けに関しても、同じ効果を期待できるでしょう。

1-2.間違われることが少ない

名前に難しい漢字が入っていると、初対面の人に名前を間違われることが少なくありません。特に、近年はやりの「キラキラネーム」などでは、一般的ではない読み方で漢字を読むケースが多く、説明を受けない限りまず読み方がわからないであろう名前が多くあります。

相手と1対1で話しているときであれば修正することは難しくありませんが、面倒なのは集団でいて間違われたときです。下手をすると訂正するタイミングを失ってしまい、間違った名前で呼び続けられてしまうこともあるでしょう。

一方、ひらがなの名前は、まず間違えられることはありません。「かほる(かおる、と読む)」のように、ごくまれに文字と読み方が異なる名前もありますが、パターンとしてそう多くはないでしょう。初対面の方に名前を覚えてもらいやすいというのは、プライベートでもビジネスでも、将来役に立つメリットです。

1-3.名簿などで名前が探しやすい

ひらがなの名前を持つ人は、珍しくはありませんが全体から見るとやはり少数派だといえます。実は、数が少ないという点がメリットにつながることもあるのです。

たとえば、高校・大学受験の合格発表のように、異なる名前がいくつも並んでいるとき、自分の名前を見つけやすくなります。漢字は、ひらがなに比べて形が複雑ですし、似ているものがたくさんあるでしょう。一方、漢字の名前だらけのところに、ポツリとあるひらがなの名前は目立ちやすいので、簡単に見分けることができます。

名前が目立ちやすいという点は、本人だけでなく家族にとってもメリットです。運動会や文化祭などのイベントのとき、自分の子どもの名前を探すのが楽になるでしょう。

2.ひらがなの名前を付けるデメリット

ひらがなの名前には、メリットだけでなくデメリットもあります。メリットとデメリットを比較することで、自分が本当にひらがなの名前を付けたいと思っているのかどうか確認してください。

2-1.年齢によって名前の印象が変わってしまう

ひらがなの名前を付けるとき、反対する声としてよくあるのが「今はいいけど、おじいちゃんおばあちゃんの年令になったときどうするの?」というものです。若いころはかわいらしいと思えるひらがなの名前ですが、年齢を重ねるに従って「柔らかさ」が「軽い」という印象に変わっていくこともありえます。

「年をとったら名前を変える」というのも面倒なことですから、あらかじめ「あらゆる年代で通用する名前」を考えておいたほうがいいでしょう。

2-2.名前に「親の思い」を込めにくい

漢字は表意文字です。文字そのものに意味が込められているので、たとえば「太郎」の「太」には「豊かで落ち着いている」という意味があります。また「郎」には「伸びる」という意味があるので、2つ合わせて「豊かに、伸び伸びと成長する人になってほしい」というような意味を込めることが可能です。

一方、ひらがなは表音文字。文字そのものが表しているのは単に音だけで、特別な意味はありません。結果として、自分の名前にどんな意味が込められているのか、子どもに伝わりづらくなるということも考えられるのです。

2-3.音の取り方によって意味合いが変わってしまう

ひらがなだけの名前でも、名前全体で何らかの「思い」を表現することはできます。たとえば「はるか」というひらがなの名前でも「遥」という漢字の意味合いをイメージすることはさして難しくありません。

ただし、ひらがなの名前に当てられる漢字が複数ある場合は問題が複雑になります。「はるか」という名前であれば「春香・遥・晴香」というふうに、当てはめられる漢字の組み合わせはひとつだけではありません。結果として、自分の名前にどんな意味が込められているのか、子どもに伝わりづらくなるということも考えられるのです。

3.姓名判断で見る、ひらがな名付けの良しあし

では、いよいよ姓名判断においてひらがなの名前はどう捉えられるのか見ていくことにしましょう。「姓名判断で悪いのならひらがなの名前は付けたくない」という方も、この章を読んだあとは疑問が氷解するはずです。

3-1.文字の画数は鑑定士によって扱いが異なる

姓名判断は、名字と名前に使われている文字の画数によって、その人の運勢を占うもの。つまり、重要なのは使われている文字の画数がいくつか、ということになります。

実は、漢字には本来、決まった画数というものはありません。文字は長い年月の間に少しずつ変化してきたので、明確な画数が決定されたのは近代に入ってからなのです。しかも、現在一般的に使われている新字体と、一昔前まで使われていた旧字体でも画数は異なります。

姓名判断では、字体を統一して使っているわけではありません。鑑定士によって用いる字体、つまりは画数が異なるので、同じ名前でも運勢が良くなる場合もあれば、悪くなる場合もあるのです。その部分に関しては、漢字とひらがなの区別は関係ありません。ひらがなも字体によって画数が異なる場合があるからです。

3-2.避けるべき文字がある?

姓名判断では「名前に入れるべきではない」と考えられる漢字もあります。たとえば、光・幸・和・勝など、一般的には縁起の良さそうな漢字も避けたほうがいいと考えられているのです。

「光」という字は、頭の上で炎が燃え盛るさまが元になっています。そのため「燃え尽きた人生」を暗示することになってしまい、中年以降運気がなくなる人生を歩むことになる、と考えられているのです。

3-3.ひらがなの名前が悪いとする根拠はない

実は、姓名判断ではひらがなの名前も「避けるべき名付け」の中に入っています。既に説明したように、ひらがなは元々漢字のくずし字です。そのため、運命が「くずれる」ことが暗示されているといわれています。他人によって運命をくずされる人生が暗示されているといえるでしょう。

まとめ

今回は、子どもにひらがなの名前を付けようか迷っている方のために「姓名判断でひらがなの名前がどう扱われるか」をご紹介してきました。

  1. ひらがなの名前を付けるメリット
  2. ひらがなの名前を付けるデメリット
  3. 姓名判断で見る、ひらがな名付けの良しあし

姓名判断では、ひらがなの名付けは避けるほうが賢明です。気にされている方は、一度鑑定士に相談してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事で命名のこともご紹介しています。お子様にどんな名前をつけようか悩んでいらっしゃるなら、命名によって運命が大きく変わるチャンスかもしれません。お子様の人生が大躍進する名前を手にいれることもぜひご検討ください。

top_003

関連記事





画数良くて災難?なぜ…
名前と一緒に、希望を授けていただきました。喜びの声公開中

ページ上部へ戻る